スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

新型インフルエンザ死者の3割、肺炎球菌などの細菌に同時感染

新型インフルエンザ死者の3割、肺炎球菌などの細菌に同時感染


新型インフル死者の3割、細菌に同時感染
10月2日19時6分配信 読売新聞

 【ワシントン=山田哲朗】新型インフルエンザの死者の約3割が細菌に同時感染していたとの調査結果を 米疾病対策センター(CDC) が1日の週報で発表した。

 5月~8月に新型インフルで死亡した77人から組織を採取して検査したところ、22人が肺炎球菌などの細菌にも感染していた。

 肺炎球菌は、免疫力が落ちると増殖して、肺炎を引き起こし、患者が死亡する一因となる。

 CDCは「細菌は検出が難しいため、見逃されている可能性がある」と指摘、同時感染が疑われる場合は抗生物質による治療を検討するよう勧めている。

最終更新:10月2日19時6分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091002-00000885-yom-sci


【症例関係】 | 【2009-10-03(Sat) 20:23:32】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 新型インフルエンザ(H1N1)関連情報 症例 治療 感染予防等 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。