スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

糖尿病予防検診 空腹時血糖値+ヘモグロビンA1c(HbA1c)の両方が高いと約38%で発症

糖尿病予防のための検診で、空腹時血糖値とヘモグロビンA1c(HbA1c)の両方が高いと約38%で糖尿病を発症したというデータ
※糖尿病ではない男女6241人(平均50歳)を平均5年追跡


糖尿病:発症、高率で予測 二つの検査組み合わせ--筑波大など

 血中のブドウ糖の濃度を調べる一般的な血糖値に加え、過去1~2カ月の平均的な血糖状態を示すヘモグロビンA1c(HbA1c)を測定すると、いずれか一方を測定した場合に比べ、将来の糖尿病患者を高率で見つけ出せることを筑波大などの研究チームが世界で初めて突き止め、25日の英医学誌ランセットに発表した。

 同大大学院生らが、虎の門病院(東京都港区)とともに、97~03年に同病院で人間ドックを受診した人のうち、糖尿病ではない男女6241人(平均50歳)を平均5年追跡した。その結果、空腹時の血糖値が糖尿病に近い高め(1デシリットルあたり100~125ミリグラム)の人のうち糖尿病を発症した人は9%、HbA1cが高め(日本の検査値で5・3~6・0%)の人で発症した人は7%だった。空腹時血糖値とHbA1cがともに高めの人の場合、38%の人が糖尿病を発症した。

 チームの曽根博仁・同大教授(内科)は「二つの検査を組み合わせることによって、将来、糖尿病を発症する危険性が高い人を効率的に発見できるだろう」と話す。【永山悦子】


【糖尿病】 | 【2015-03-25(Wed) 19:05:21】 | Trackback:(2) | Comments:(1) | [編集]
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-05-22 水  11:01:00 |  URL |  # [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2012/11/02 15:29 |  | - 管理人の承認後に表示されます

2013/08/18 08:46 | ケノーベル エージェント | ケノーベルからリンクのご案内(2013/08/18 08:46) 東京都港区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。


Copyright © 新型インフルエンザ(H1N1)関連情報 症例 治療 感染予防等 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。