スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

新型インフルエンザの小1男児死亡=最年少、インフルエンザ脳症で

新型インフルエンザの小1男児死亡=最年少、インフルエンザ脳症で
9月22日7時31分配信 時事通信

 滋賀県は22日、新型インフルエンザに感染した同県守山市の小学1年生の男児(7)がインフルエンザ脳症で死亡したと発表した。新型に感染したか感染の疑いのある人の死亡は18人目。男児が最年少で、小学生では2人目となった。

 同県によると、男児はこれまで数カ月に1度熱を出すことがあり、周期性発熱症候群の疑いがあると診断されていた。

 19日朝から発熱し受診したものの、インフルエンザの検査は行われず、解熱剤を処方され帰宅した。翌20日に40度の熱を出して別の診療所を受診。簡易検査でA型インフルエンザ陽性となり、けいれんなどの症状が表れたため病院に入院し、タミフルを投与されて人工呼吸器を着けた。容体が悪く、同日夜に滋賀医大付属病院に転院したが、21日夜、死亡した。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090922-00000026-jij-soci
以下詳細情報(毎日新聞)

 滋賀県は22日、新型インフルエンザに感染した同県守山市の市立小学1年の男児(7)が死亡したと発表した。死因はインフルエンザ脳症。厚生労働省によると、国内の新型インフルエンザ感染者の死亡は18人目で、最年少。インフルエンザ脳症による死者は初めてという。

 県によると、男児は19日朝からせきと発熱を訴えて受診し、解熱剤とせき止めを処方された。翌20日も40.6度の高熱が続いたため別の医療機関で受診し、簡易検査ではA型インフルエンザ陽性だった。

 嘔吐(おうと)やけいれんの症状が出たため入院し、人工呼吸器をつけ、タミフル投与の治療を受けたが、意識不明となり容体が安定しないため、大津市内の別の病院に転院。21日には遺伝子検査で新型インフルエンザ感染が確認された。同日夕、容体が急変して34.6度の低体温に陥り、夜に死亡した。

 県によると、男児は、数カ月に1度発熱しており、周期性発熱症候群の疑いがあると診断されていたという。男児が通う小学校では先週末から、別の学年の1クラスが新型インフルエンザで学級閉鎖となっている。

既往症あり
男児はこれまで数カ月に1度熱を出すことがあり、周期性発熱症候群の疑いがあると診断されていた。


【症例関係】 | 【2009-09-22(Tue) 13:16:15】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 新型インフルエンザ(H1N1)関連情報 症例 治療 感染予防等 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。