スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

新型ワクチン接種後に男性が死亡―2例目、関連は「評価不能」

新型ワクチン接種後に男性が死亡―2例目、関連は「評価不能」
11月16日15時51分配信 医療介護CBニュース

 厚生労働省は11月16日、80歳代の男性が新型インフルエンザワクチンの接種後に死亡したと発表した。死因は呼吸不全。男性には慢性呼吸不全の持病があり、主治医は「死亡と接種の関連は評価不能」としているという。新型インフルエンザワクチンの接種後の死亡は国内2例目。

 厚労省によると、死亡したのは長野県の80歳代の男性で、肺気腫による慢性呼吸不全のため在宅酸素療法中だった。9日に頭痛のため主治医を受診したが、体温36.5度で肺炎の所見がなく、11日昼に主治医から新型インフルエンザワクチンを接種された。この時の体温は36.3度だった。13日午後から「動くのが苦しい」と言っており、14日午後以降は食欲がなかった。15日未明にポータブルトイレで用を済ました後ベッドに戻ろうとして倒れ、家族がベッドに戻した。15日朝に家族から死亡の通報があった。警察と主治医の検視によると、死因は呼吸不全で、死亡時に発熱はなかった様子という。

 主治医は、「ワクチン接種との明らかな関連があるとは言えないが、全く否定もできない」として、因果関係を「評価不能」としているという。厚労省は、専門家による接種との因果関係の評価を速やかに行い、情報提供するとしている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091116-00000003-cbn-soci


【症例関係】 | 【2009-11-16(Mon) 22:19:29】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 新型インフルエンザ(H1N1)関連情報 症例 治療 感染予防等 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。