スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

糖尿病1型の重症患者に対する根本治療(膵島細胞移植)に道 早ければ4~5年後には実用化か

糖尿病1型の重症患者に対する根本治療(膵島細胞移植)に道 早ければ4~5年後には実用化か


糖尿病根治療法に道=拒絶反応の仕組み解明-福岡大、理研
2月2日7時50分配信 時事通信

 福岡大と理化学研究所は、重症糖尿病の根本的治療法として期待される膵(すい)島細胞移植で、タンパク質の一種「HMGB1」が拒絶反応を促し移植効果を妨げることをマウス実験で突き止めた。HMGB1の抗体投与で、拒絶反応を抑え移植効果を格段に高めることも判明。米医学誌ジャーナル・オブ・クリニカル・インベスティゲーション電子版に2日掲載された。

 福岡大の安波洋一教授(再生・移植医学)によると、HMGB1の抗体を治療薬として投与し拒絶反応を抑える方法がヒトでも確立されれば、糖尿病1型の重症患者に対する根本治療として膵島細胞移植の普及が大幅に進む。早ければ4~5年後には治療を開始できる。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100202-00000023-jij-soci

“糖尿病1型の重症患者に対する根本治療(膵島細胞移植)に道 早ければ4~5年後には実用化か”の続きを読む>>
スポンサーサイト
【糖尿病】 | 【2010-02-02(Tue) 15:53:24】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

Copyright © 新型インフルエンザ(H1N1)関連情報 症例 治療 感染予防等 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。