スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

新型インフルエンザ 過去に詳細(PCR)検査で新型への感染が確認された人は「ワクチン接種の必要性は乏しい」との見解

新型インフルエンザ 過去に詳細(PCR)検査で新型への感染が確認された人は「ワクチン接種の必要性は乏しい」との見解
9月25日7時59分配信 産経新聞

ワクチン優先接種 小学低学年も検討
9月25日7時59分配信 産経新聞

 新型インフルエンザの国産ワクチンについて、厚生労働省は24日、年度内の製造量を従来の1800万人分から2700万人分へと上方修正した。製造効率を上げることで、従来の想定よりも多くのワクチンの確保が可能になったという。

 国産分が増えたことで、同日、専門家を集めたワクチンの優先接種に関する意見交換会では、専門家から「小学校の低学年も優先接種の対象に加えるべきだ」との意見が相次ぎ、今後の検討課題とした。厚労省の素案では、小中高生は優先対象者の次に接種が受けられる「接種が望ましい」グループに属している。

 また、国民から要望の多かった「保育関係者」や「受験生」への優先接種については、いずれも優先対象に入れないことで合意。過去に詳細(PCR)検査で新型への感染が確認された人は「接種の必要性は乏しい」とした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090925-00000043-san-soci
※あくまでワクチン接種に関する見解。

“新型インフルエンザ 過去に詳細(PCR)検査で新型への感染が確認された人は「ワクチン接種の必要性は乏しい」との見解”の続きを読む>>
スポンサーサイト
【ワクチン関連】 | 【2009-09-25(Fri) 23:50:19】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

Copyright © 新型インフルエンザ(H1N1)関連情報 症例 治療 感染予防等 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。