スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

糖尿病予防検診 空腹時血糖値+ヘモグロビンA1c(HbA1c)の両方が高いと約38%で発症

糖尿病予防のための検診で、空腹時血糖値とヘモグロビンA1c(HbA1c)の両方が高いと約38%で糖尿病を発症したというデータ
※糖尿病ではない男女6241人(平均50歳)を平均5年追跡


糖尿病:発症、高率で予測 二つの検査組み合わせ--筑波大など

 血中のブドウ糖の濃度を調べる一般的な血糖値に加え、過去1~2カ月の平均的な血糖状態を示すヘモグロビンA1c(HbA1c)を測定すると、いずれか一方を測定した場合に比べ、将来の糖尿病患者を高率で見つけ出せることを筑波大などの研究チームが世界で初めて突き止め、25日の英医学誌ランセットに発表した。

 同大大学院生らが、虎の門病院(東京都港区)とともに、97~03年に同病院で人間ドックを受診した人のうち、糖尿病ではない男女6241人(平均50歳)を平均5年追跡した。その結果、空腹時の血糖値が糖尿病に近い高め(1デシリットルあたり100~125ミリグラム)の人のうち糖尿病を発症した人は9%、HbA1cが高め(日本の検査値で5・3~6・0%)の人で発症した人は7%だった。空腹時血糖値とHbA1cがともに高めの人の場合、38%の人が糖尿病を発症した。

 チームの曽根博仁・同大教授(内科)は「二つの検査を組み合わせることによって、将来、糖尿病を発症する危険性が高い人を効率的に発見できるだろう」と話す。【永山悦子】


“糖尿病予防検診 空腹時血糖値+ヘモグロビンA1c(HbA1c)の両方が高いと約38%で発症”の続きを読む>>
スポンサーサイト
【糖尿病】 | 【2015-03-25(Wed) 19:05:21】 | Trackback:(2) | Comments:(1) | [編集]

武田薬品工業の糖尿病治療薬「アクトス(Actos)」、膀胱(ぼうこう)がんにかかる危険性が高まる可能性があるとの見解。米FDA

[ワシントン/東京 2011/06/16 ロイター]
 米食品医薬品局(FDA)は15日、武田薬品工業(4502.T: 株価, ニュース, レポート)の糖尿病治療薬「アクトス(Actos)」について、同剤を1年以上服用した場合、膀胱(ぼうこう)がんにかかる危険性は高まる可能性があるとし、同情報をラベル記載項目に追加するとの判断を示した。

 同剤については、フランスの医薬安全当局が9日、服用により膀胱がんにかかるリスクが多少高まるもようだとして、新規患者への投与を停止する決定を下したばかり。

 ドイツも同様の決定を行っている。今回のFDAの決定は、膀胱がん患者はアクトスを使用するべきではないとしているものの、新規患者への処方を禁止したフランス・ドイツ両国の対応とは異なっている。

“武田薬品工業の糖尿病治療薬「アクトス(Actos)」、膀胱(ぼうこう)がんにかかる危険性が高まる可能性があるとの見解。米FDA”の続きを読む>>
【糖尿病】 | 【2011-06-16(Thu) 15:29:56】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

糖尿病1型の重症患者に対する根本治療(膵島細胞移植)に道 早ければ4~5年後には実用化か

糖尿病1型の重症患者に対する根本治療(膵島細胞移植)に道 早ければ4~5年後には実用化か


糖尿病根治療法に道=拒絶反応の仕組み解明-福岡大、理研
2月2日7時50分配信 時事通信

 福岡大と理化学研究所は、重症糖尿病の根本的治療法として期待される膵(すい)島細胞移植で、タンパク質の一種「HMGB1」が拒絶反応を促し移植効果を妨げることをマウス実験で突き止めた。HMGB1の抗体投与で、拒絶反応を抑え移植効果を格段に高めることも判明。米医学誌ジャーナル・オブ・クリニカル・インベスティゲーション電子版に2日掲載された。

 福岡大の安波洋一教授(再生・移植医学)によると、HMGB1の抗体を治療薬として投与し拒絶反応を抑える方法がヒトでも確立されれば、糖尿病1型の重症患者に対する根本治療として膵島細胞移植の普及が大幅に進む。早ければ4~5年後には治療を開始できる。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100202-00000023-jij-soci

“糖尿病1型の重症患者に対する根本治療(膵島細胞移植)に道 早ければ4~5年後には実用化か”の続きを読む>>
【糖尿病】 | 【2010-02-02(Tue) 15:53:24】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

Copyright © 新型インフルエンザ(H1N1)関連情報 症例 治療 感染予防等 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。